機種変更でiPhone13Proに変更。カメラの接写機能がものすごく良い♪

マクロ撮影が半端ない!デジカメ本気でいらないと思えるレベル!

こちらはiPhone13Proで普通にフィギュアを撮影した写真。

そのままカメラを近づけていくと勝手にマクロ撮影ができる!

ちょっとヤバすぎ!デジカメ使ってマクロ撮影するとモード切り替えとかちょっと手間取るのに、iPhoneを近づけていくだけでそのままマクロ撮影できてしまう手軽さ!!

そして表面のザラつきや塗装の質感まで伝わるほど「寄れる」ことにめっちゃ感動した!

ちなみにですよ、今までiPhone11Proだとどうなるか。

これが限界です。これ以上近寄るとピントが合わなくなります。

フィギュア撮影において「寄れる」って大事なんですよ。それだけで世界観が変わってきます。

iPhone13Proのマクロ機能がハンパないです!撮る楽しみがマシマシではないですか!

しかも今調べたら動画撮影でも使えるって言うじゃないですか。

マクロビデオ撮影だけでなくスローモーションにもタイムラプス撮影にも!

以前はマクロ撮影のためだけにデジカメを持ち歩くこともありましたが、これで本当にiPhone1台だけで済んでしまう時代が来てしまいました。

このマクロ撮影だけでも今回機種変更した意味があったと本気で思います。

マクロ以外の撮影

夕方の空を撮影してみました。

1枚目はiPhone11Proで、その下の2枚目がiPhone13Proです。比較のため大きい画像で載せてみます。

iPhone11Pro ワイドカメラ 26mm f1.8 12MP 4032×3024
2.1MB ISO250 26mm 0ev f1.8 1/150 s
iPhone13Pro ワイドカメラ 26mm f1.5 12MP 4032×3024
1.9MB ISO200 26mm 0ev f1.5 1/60 s

カメラの設定はどちらもデフォルトです、特に何もいじらずに同じ構図で撮影しました。

正直なところ僕にはあまり違いがわかりませんでした(爆)

暗い公園での撮影

iPhone11Pro ワイドカメラ 26mm f1.8 12MP 3024×4032 
2.2MB ISO2000 26mm -0.1ev f1.8 0.5 s
iPhone13Pro ワイドカメラ 26mm f1.5 12MP 3024×4032 
1.8MB ISO1250 26mm -0.1ev f1.5 1/5 s

これは上の写真だとiPhone11Proが頑張って光を取り込んで明るい写真を撮ろうとしているのに対して、下のiPhone13Proはより自然に取り込んでいるように感じます。

一応2台のiPhoneを並べて撮影をしたわけですが、ピントの位置で各設定値も変わってきちゃうと思うので何となく同じ方向を向けてシャッターを押しただけの写真ではちゃんとした比較は出来なさそうですね。僕は写真に詳しいわけではないので細かい設定値に関しての話はできません。

ただ、カメラを被写体に向けた時のレンズと被写体の距離に応じてカメラがパッパと俊敏に切り替わっているのを見て反応速度というか処理速度が格段に上がっているようには感じました♪

iPhone11Proから2年ぶりの機種変更

ってことで、本日auショップにて機種変更を行ってきました。iPhone13Pro-256GBモデルのゴールドです♪

iPhoneの場合は購入後すぐにケースを取り付けるので基本的には色は気にしてません。新色のシエラブルーも良いかなぁと思いつつも、機種の予約で時間がかかったら嫌だったのですぐに在庫を確保できそうなゴールドを選びました。

金ピカで成金っぽい感じがしそうなゴールドですが、そういうのもたまには良いんじゃないかなって思ってます(笑)

今回写真を撮り忘れましたがiPhoneの側面、めっちゃキンキンキラキラです♪ゴージャス感がありますねぇ。

iPhone11Proのケース付きよりも素の状態のiPhone13Proの方が若干重めに感じますが、そこまで気にならないかな。新品のガジェットを手にしてるから気持ち的に重く感じるだけかも。

今回はiPhone13ProもProMAXも基本性能は変わらないと言うことでProモデルにしました。もしもProとProMAXでカメラ性能が違かったらMAXの方を選んでたかと思います。やっぱり新しいiPhoneのカメラ性能には期待してしまいますからね♪

こちらは今までのiPhone11Proのレンズです。

iPhone13Proのレンズは面積も増してるし盛り上がりも増してます!

スペックについてはAppleのサイトなどで確認してみてください。

↑iPhoneケースはこちらを購入しました。

薄型のケースでマットブラックの質感が良さげです。しかもケースだけでなく画面のガラスカバーも付属するのでとりあえずこれ買っておけば良いかなって感じでお値段も手頃なTORRASを選びました。

触った感じはサラサラ感があるし、カメラ部分と画面部分も保護されるよう高くなっているのでテーブルに置く際も安心です。ただカバー下面に切り込みがあるのと、サイドのボタン部分も切り込みによって押しやすくしてあるのがちょっと残念です。

個人的にはフルカバーされている方が良かったので、しばらく使って様子を見ていきたいと思います。

今までiPhoneを使ってきた中で一番うまくガラスが貼れました(嬉)

カバーガラスにはクリーナーやホコリ取りのシール、クロスなどが付属されています。取り付け用のガイドは無いので自分でガラスの位置を決める必要はあります。僕はたまたまうまく貼れましたが、安心して画面にぴったりの位置でガラスを貼りたいのであればガイド付きのガラスの購入をおすすめします♪

まとめ

まだ触って1日ですしデータ移行やらアプリの設定で時間がかかったので細かな違いにまでは触れられていません。

ただカメラの接写機能だけでこれほど感動したのは久しぶりです♪話題になっているシネマティックモードも試していないのであれこれ触りながらiPhone13Proを楽しんでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です