トラベラーズノートのゴム交換。背面の錫製金具は再利用♪

100円ショップで材料買ってトラベラーズノートパスポートサイズのゴム交換

トラベラーズノートは革とゴムと金具という3つの部品で構成されているとてもシンプルかつ味のあるノートです。

長年使っているとゴムも伸びてきてノートのホールド製が悪くなってくるので定期的に交換していきたいですね。

トラベラーズノートには数本のゴムと錫(すず)製の金具がセットになった「リペア用キット」という商品も出ていますが、簡単な構造だからこそお手軽に修理することも可能です。

でも今回は100円ショップで買ってきたゴムを使ってリペアしていきます♪

今回はこの錫製の金具は再利用したいと思います。柔らかい金属なので工具があれば比較的簡単に取れると思います。この金具によってゴムの結び目が固定されているのでまずは開いていきます。

手で持ってミゾ部分にマイナスドライバーを突っ込み、こじってあげればわずかながら開いてきます。

ポイントとしては精密ドライバーのような細いものではなく、太めのマイナスドライバーを使うこと。

ただ、手で持って作業をするとマイナスドライバーで怪我をする場合もあるので僕はペンチを使ってしっかり固定して行いました。

ペンチを使う場合、柔らかい金属のため掴んだ部分がガジガジになるのはご了承ください。

みぞが開いたら結ばれているゴムを引っ張り出してあげれば金属部品だけ取り出せます。

ガジガジになった部分が気になったのでヤスリで整えることにしました。柔らかいので軽く擦ってあげるだけで引っ掛かりはなくなります。

こちらはダイソーで購入してきた髪留めのゴムです。4〜5本入って100円でした。

トラベラーズノートらしい黒と茶色もありましたが雰囲気を変えたいのでグラデーションカラーを選んでみました。

純正のゴムとほぼ同じ太さのゴムを買いましょう。太いと穴に通らなくなりますからね!

ゴムを通したら金具を通します。この時、しおりの細い糸を忘れがちなので一緒に通しておきましょう。

内側のゴムのテンションに気をつけながら通した金具の中に結び目を作ります。しおりの糸も通していることを確認してから次の作業に移ります。

ペンチでも握って潰すことはできますが、表面が傷だらけになるのでハンマーで叩きましょう。

軽くトントンとするだけでしっかり潰れます。余った部分は切り落とします。

真ん中のゴムがヨレヨレになっているということはノートを閉じ流ためのゴム(右側)も劣化しているはずです。

先ほど切って残ったゴムを使って新しく作り直しましょう。

リペア完成です!作業費用100円(税抜き)です♪

今まで純正の茶色いゴムでしたがグラデーションカラーを選んだことでちょびっと遊び心が出てきた感じがしますね♪

背面の金具は上手に外すことができれば2〜3回は再利用できそうです。外すときに大きめのマイナスドライバーを使ってください。精密ドライバーのような細いものを使うと全体が開かずガジガジになってしまいます(経験済み)。

これでまた気持ちよくトラベラーズノートを楽しめます♪

↓ポチッとしていただけるとブログを続けていく励みになります♪

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です